不動産会社の選び方

信頼できる不動産会社を選ぶ方法とは?

信頼できる不動産会社を選ぶ方法とは?

不動産売却の重要なポイントとなる「業者の選び方」。信頼できる業者をパートナーに選ぶことが、売却成功の鍵となります。それでは、どのように選べば良いのか? こちらでは、業者選びのコツをご紹介します。「松永エステート株式会社」は、福山市松永の街で設立から47年、ずっと地元ひとすじ。物件の売買・賃貸はもちろん、当社のネットワークを活かした土地探し・新築設計のご提案も可能です。

不動産会社の選び方

不動産売買には、さまざまな手続きなどが必要となるため、非常に複雑な取引となります。満足できる結果を得るためには、高度な専門知識・高い交渉力・豊富な経験が不可欠です。以下のような点に注意して、信頼できる業者を選びましょう。

物件の「囲い込み」に要注意

物件をより早く、より有利な条件で売却するためには、しっかりと広告活動を行い、できるだけ多くの人の目に触れさせることが大切です。そのために、不動産業者は通常「REINS(レインズ)」と呼ばれるネットワークに登録し、物件を公開しています。

しかし、自社の利益を最優先するため、このような情報公開を行わず、物件を「囲い込む」業者が存在します。こういった業者に依頼してしまうと、なかなか買い手が見つからなかったり、条件が不利になったりする可能性も。「情報の公開」は、本当にお客様の利益を第一に考える業者かどうかを見極めるための、重要なポイントとなります。

お客様のご要望を優先してくれる業者か?

不動産を手放すオーナー様には、さまざまなご事情があります。また、その物件に対する思い入れもさまざま。売却を手がける業者は、そんなお客様のご要望をできる限り叶えるため、サポートするのが仕事です。

「どうしても早く売りたい」「遅くなっても良いから、なるべく高く売りたい」など、お客様のご要望をしっかりと聞いた上で、その方針で売却できるよう動いてくれる業者を選ぶと安心です。自社の利益を優先し、お客様のご要望を聞かない業者には注意しましょう。

販売活動には積極的か?

不動産売却では、積極的な販売活動が大切です。これは、「早く売りたい」場合も、「高く売りたい」場合も同じ。チラシや新聞広告はもちろん、ホームページ・電話・ポスティングなど、あらゆる方法で積極的に広告活動を行い、個別の営業活動にも力を入れている業者を選びましょう。

また、不動産売却では地元情報に詳しいかどうかも重要なポイントとなります。小回りが利く地域密着型の業者なら、細やかでスピーディーな販売活動が期待できます。

丁寧に説明してくれる業者を選びましょう

不動産の取引では、専門的な知識・経験が求められます。しかし、物件を売却する人の多くは、不動産に関する知識も経験も持たない方々です。中にはそれを良いことに、不動産売買の良い面ばかりを説明し、悪い面に関する情報を伝えない業者もあります。

しかし、それではお客様が本当に納得できる結果は得られません。不動産売買では、メリット・デメリットの両方をしっかり理解した上で決断することが重要。相談や査定の際に、メリットだけではなく、デメリットまで丁寧に説明してくれる業者を選びましょう。

取り扱い実績をチェック!

同じ「不動産会社」でも、得意分野やメインで行っている取引はさまざまです。売買取引を得意としている業者もあれば、賃貸が得意分野で売買取引の経験が少ない業者も。不動産売買では業者の経験値がものを言いますので、有利な条件でスムーズに不動産売却を進めるためには、売買取引の経験が豊富な業者を選ぶことが大切です。

取引の経験は実績をチェックすることである程度把握できます。ホームページの売買取り扱い実績などを確認しておきましょう。